天人元気届隊 blog



天人元気届隊 〜救助支援から始まる命の相互支援のネットワーク〜←HPに戻る

天然芸術「EART」をコンセプトにするアート集団「天人(AManTo)」(大阪中崎町を拠点)が、美しい生き方を作る事が最大の芸術だと考える。〜災害救助復興支援から恒久相互支援のネットワークを〜をコンセプトに美しい生き方に命をかける!
<< チャリティー映画上映「オロ」岩佐寿弥監督作品へのお誘い! | main | 物資選定と準備…被災地でのミッションインポッシブルを可能にするもの… >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    都市部の状況と子供達
    0

      5月11日の日記より(今朝、日本での震度5地震とほとんど同じ時間の夜中3時過ぎにネパールでも地震があった・・・)
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・
      シンドウパルチョーク県のゴルチェ(Golche)村周辺への緊急物資支援を終えて、私と翌日入る予定のシンドルチェ(Sindurche)村の方々5人は医療班などの本隊と別れて途中のドラルガハット村で1泊した。翌朝、この日はインドTATA社製の四駆ピックアップトラックをチャーターして標高2300mの奥地を目指す。


      ドラルガハットから約25キロほどでチョウタラ(Chautara)町に到着するが、3〜4階建ての沿道に立ち並ぶガストハウスや商店の倒壊家屋が目立ち、この町だけで144人が死亡とのことだ。グラウンドには、ノルウェーからの医療班や子どもたちを遊ばせるNGO、炊き出しをする一般ボランティアの姿がある。子ども達の表情は、笑顔で歌ったりする姿もあるが、テント内に残っている子ども達の表情には不安な顔も残り、服装で貧富の差も感じられる。



      テント村には300人前後の方々が避難している様子だが、村と違って町の被災者は大きな倒壊家屋を撤去しないと住む場所が無いので、いつまでテント村になるのか不明だ。(このチョウタラ町では、12日の地震で再びかなりの建物が倒壊した情報あり)


       

      この町までは、舗装路なので割と時間通りに行けるが、この先の約20キロは、困難な道のりで約15キロの道のりを3時間以上もかかってしまう。
      チョウタラから登った最初の集落では、NGOのPlanが2トントラック3台分のシートやロープを配布中で、名簿を作成し整理券を手渡し混乱無く手渡せている。

      その先は、昨日の雨で土砂崩れが発生し通りかかったバスが巻き込まれ、半日動けない状況というので、チルホール機材と日本から装備している牽引ロープを活用し救助。


      更に山岳地となってゆき山の稜線や峠を越えてゆくと再び雨が降り出した。

      あと数キロ地点までたどり着いたが、土砂崩れの為、村人が必死にスコップで道を作っていた・・・・(Open Japan 吉村氏転機)

      | ネパール現地レポート | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:37 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://genkitodoke.jugem.jp/trackback/160
        トラックバック
        PR
        CALENDAR
        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Genkitodoke twitter
        LINKS
        PROFILE
        モバイル
        qrcode