天人元気届隊 blog



天人元気届隊 〜救助支援から始まる命の相互支援のネットワーク〜←HPに戻る

天然芸術「EART」をコンセプトにするアート集団「天人(AManTo)」(大阪中崎町を拠点)が、美しい生き方を作る事が最大の芸術だと考える。〜災害救助復興支援から恒久相互支援のネットワークを〜をコンセプトに美しい生き方に命をかける!
<< ゴルカ山岳地帯支援無事完了!! | main | 52羽のネパール紙の鶴が集まりました!丁寧に確実に息の長い支援はじまる >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ゴルカ県バルワ村まで道路復旧!ラプラックまでは徒歩1日に!
    0

      カトマンズ〜(170キロ約6時間)ゴルカ県バルワ村〜(先日道路開通17キロ、約1時間)バーパック村(写真)へ(ラップラック村へ徒歩1日で可能に…)

      ●5月14日記録
      カトマンズで社会福祉関係の仕事やNGO活動を行う、被災地ラプラック出身のダンバルさんと現地在住の吉田さんからのコンタクトのおかげで、現地入りの準備を重ねてきた。土石流災害の危険性がある為、3000m近くの新しい地に移転を選ぶ方々いる場所へ、雨期の前に少しでも多くのシートや食糧の輸送が必要と聞いていた。

      12日に発生した地震の為、予定が1日半遅れたが、カトマンズで10トントラックをチャーターし9トンのお米やシート、乾燥食糧やテントなど運搬し、いよいよ震源に近いゴルカ県へ入る。約170キロで車での最終地点となっていたバルワへ到着すると、復旧作業のおかげで昨日から土砂崩れ現場を17キロほど進めるようになっており、バルパック村まで入れる。これで、ラプラック村へ1日の登山で入れるようになった。(村人は歩くのが早い)


       

      途中、東日本大震災で石巻総合運動公園に立てられたWFPの巨大テント3張完成しており、沢山のストックが届き始めているので、安心した。

      この手前のバルワから道路がなかり急坂や川渡りなどもあるので、トラクター台車に荷物を半分積み込み、進んでゆくが、一旦大雨になるとスタックしそうな状態だ。
      初日は、終点手前の避難テント近くにテント設営し、いろいろと語ったが、今のニーズは、テントやシートが確保しつつあるので、建築材料(シートの次にトタン波板屋根)、そして水道タンクなど、やはり山岳地で獲れないお米や豆(ダル)、調味料は必需品だ・・・

      ここでも、冬対策の為に、今までの倒壊した石積み壁を泥では無く、高額なセメントを活用するか、どうするかと話題になるが、そんなお金は無い・・・
      写真のバルパック村へは、道路が開通したので、随時物資が運ばれるようになっているが、山奥へは、まだまだだ・・・一部報道にあるような、物資配布での混乱や強奪は無く、人々は穏和だ・・・

      (Open Japan 吉村氏 転送)
      | ネパール現地レポート | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:55 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://genkitodoke.jugem.jp/trackback/157
        トラックバック
        PR
        CALENDAR
        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Genkitodoke twitter
        LINKS
        PROFILE
        モバイル
        qrcode