天人元気届隊 blog



天人元気届隊 〜救助支援から始まる命の相互支援のネットワーク〜←HPに戻る

天然芸術「EART」をコンセプトにするアート集団「天人(AManTo)」(大阪中崎町を拠点)が、美しい生き方を作る事が最大の芸術だと考える。〜災害救助復興支援から恒久相互支援のネットワークを〜をコンセプトに美しい生き方に命をかける!
<< お米9トン、ラプラックに向け出発!! | main | 映画「サダコの鶴」製作中間発表会でお時間をいただきました。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    「映画は、ご覧頂いてこそ役に立つ」ただでは転ばない文化による支援の形
    0

      以前、僕自身も番組をくくっていただき、天撃キネマトロンでも上映をしてくださっていた
      ドキュメンタリー監督の榛葉健さんから連絡があり、
      「ネパールのために何かできないか」



      今回の甚大なネパール大震災は、国の機能が崩壊してしまうほどの大地震だった。

      僕らは継続的支援を行うことのできる有機的なシステムを構築していく必要がある。

      我々が考えている過去の経験から生まれた現時点のプランは以下のようなものだ。

      ⚫  無理のない状況で市民が継続参加できるスキームを作る
      ⚫  現地に信頼のおける拠点を作り、変化していくニーズを捉える!
      ⚫  単発の支援で終わらない、移送手段、物資の集積場、村の人が物流を運び上げる仕組み
      ⚫  復興の過程で購入するだけでなく復興支援の生産体制で職を失った人の就労訓練を兼ねる
      ⚫  被災中から新しい街づくり、国内外と連携した防災に強い街づくりをデザイン
      ⚫  
      国際協力を踏まえた継続的相互支援の市民文化を両国に作っていく…つまり「あまんとみちネットワーク」


      元気届隊は、「被災中復興」と我々がなづけた方法論から考える。

      支援は単発でおわる自己満足であってはならない。
      被災地には風土があり
      風土には文化があり
      文化は集合体となって文明を形作っている。

      支援側にも風土があり
      風土には文化があり

      文化は集合体となってその地域の文明を形作っている。

      ここが触れ合う事によって互いに新しいベクトルが生まれ、それは未来世代に確実に影響していくのだ。
      だから僕らは手段を選び、「美しい支援のあり方」を意識する。

      「壊れたものを戻すだけでなく壊れてもただでは起きない支援」
      つまり、次世代と環境を意識した意識的な進化に向けての行動が元気届隊の活動のキモなのだ。


      風土を見定め助け合いの市民文化を育てる…そこに必要な事は早い時点からの芸術との連携だ。
      榛葉監督の熱い思いは、未来を考える芸術家の共通する視点なのだ。

      榛葉監督曰く「映画は、ご覧頂いてこそ役に立つ」と言われた。



      以下は榛葉さんのフェイスブックからの転載です。

      >この度、大地震の起きたネパールを舞台にしたドキュメンタリー映画「
      with…若き女性美術作家の生涯」。阪神・淡路大震災で被災した女子大生が、卒業後、同国のスラム街の小学校の教師として奮闘する姿を長期取材で記録した作品です。
      映画の収益で、これまでもネパールの貧困層の子どもたちの教育支援をしてきましたが、今回の地震で8000人もの犠牲者と一説には被災者800万人ともいわれる甚大な被害が出ている今、映画を活用してもっと支援の輪を拡げたいと考えています。
      写真は、大阪・中崎町のミニシアターのオーナーで、世界を渡り歩くダンサーでもある、Junさん。約100年前の古民家群だったこの町の再生と共生を実現した彼は、これまでも東日本大震災の被災地や海外の困窮地域の支援をされてきた人です。今までも色々とタッグを組んできた友人と、新しいプロジェクトを急ぎ検討中です。
      正式に決まったら、またお知らせします。
      皆で力を合わせて、できることをやりますよ!
        
       (2015年5月15日 大阪・中崎町にて)
       
       
      *:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚
       
      ※ドキュメンタリー映画「with・・・ 若き女性美術作家の生涯」では
      「with…基金」を通して、ネパール大地震の緊急募金を始めました。「with…」や姉妹作「うたごころ」に共感して下さった方、
      ぜひご協力ください。
      お預かりした大切なお金は、
      全額を現地被災者の支援に充てさせて頂きます。
       
      ―――――――――――――――
      「with・・・基金」
      郵便振替口座 00900-8-170751
      ―――――――――――――――
      ▼ゆうちょ銀行からのご送金は、振込料無料です。
      ▼ゆうちょ銀行に、赤色の振替用紙があれば、
       振込料は、「with…基金」負担で無料になります。
       青色の振替用紙の場合は、数十円の手数料がかかります。
      ▼通信欄に「ネパール地震」とお書きください。
       記入が出来ないお振込みなどの場合は、
       facebookメッセージなどでご一報頂ければ幸いです。
      ▼基金の担当スタッフは、
       ネパールのNGO活動に長く携わってきた専門家です。
        
       
      ********************************************
      ▼映画「with・・・ 若き女性美術作家の生涯」
      (日本賞・ユニセフ賞、アジアテレビ賞ほか)
      公式サイト    http://with2001.com/
      facebookページ http://www.facebook.com/with2001
        
      ※公開から14年。
       テレビと映画で200万人が見た
       《いのち》のドキュメンタリー。
       上映収益が、ネパールを支えることにつながります。
       この機会にぜひ全国で上映しませんか?
       
      ※お問合せ先:
      映画「with…若き女性美術作家の生涯」全国上映委員会
      ・問合せページ
      http://with2001.com/jishiyujixyouei.html

      ********************************************

      | 国内サポート | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 07:30 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://genkitodoke.jugem.jp/trackback/156
        トラックバック
        PR
        CALENDAR
        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Genkitodoke twitter
        LINKS
        PROFILE
        モバイル
        qrcode