天人元気届隊 blog



天人元気届隊 〜救助支援から始まる命の相互支援のネットワーク〜←HPに戻る

天然芸術「EART」をコンセプトにするアート集団「天人(AManTo)」(大阪中崎町を拠点)が、美しい生き方を作る事が最大の芸術だと考える。〜災害救助復興支援から恒久相互支援のネットワークを〜をコンセプトに美しい生き方に命をかける!
<< 沢山の仲間あっての奇跡!第1次救援物資、順調に準備中!! | main | 被害のあった地区レポート、すでに生存者情報はなく… >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ラプラック支援チーム出発延期!再び震度7.4!!
    0

      ラプラック支援チーム出発延期!
      ネパール現地時間正午過ぎ、日本時間4時すぎ、震度7.4を超える地震発生!

      山間部での被害が広がっています。
      僕ら関連では富士山ゲストハウスの支援に入っているいるラムチェ村で土砂崩れが発生し生き埋めの状態の方が多数という情報。

      ジャンバルさんが、道を調べに…
      明日にでも連絡が入ります。

      今回お世話になる登山家の北村さんは、ボウダナートで足止め。

      ラプラック支援現地メンバーの安否は確認全員無事です。

      やはり予断を許しません!
       

      今日は、吉田さん夫妻、佐野さん、登山家北村さんとラプラックのジャンバルさんと打ち合わせをしていました。

      地震がなければ、今夜か早朝、吉村さん、吉田さん、ジャンバルさんが路線バスでチトワンへ向かい、トラックチャーターして物資購入予定でした。

      そのままラプラックへの同行登山チーム、北村さん&吉田さん夫が途中で合流し

      車で行ける最終地バルワへ向かい、そこへ村人たちが降りてきて一緒に運ぶという計画でした。
       

      現在、我々はバルヮに物資の集積場所を作れないかと検討しています。
       

      展望として、バルヮからの道の土砂を開れば、次の場所まで車で行け、さらに

      更に道を開通させれば、被害のあったラプラックまで車で行ける可能性も出てきていた矢先でした。

      現在、今回の余震でここがどうなってしまったかは不明…
       

      いづれにせよ。雨期になれば山岳部は更に土砂崩れする可能性大です。

       

      | ネパール現地レポート | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:41 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://genkitodoke.jugem.jp/trackback/153
        トラックバック
        PR
        CALENDAR
        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Genkitodoke twitter
        LINKS
        PROFILE
        モバイル
        qrcode