天人元気届隊 blog



天人元気届隊 〜救助支援から始まる命の相互支援のネットワーク〜←HPに戻る

天然芸術「EART」をコンセプトにするアート集団「天人(AManTo)」(大阪中崎町を拠点)が、美しい生き方を作る事が最大の芸術だと考える。〜災害救助復興支援から恒久相互支援のネットワークを〜をコンセプトに美しい生き方に命をかける!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ゴルカ県バルワ村まで道路復旧!ラプラックまでは徒歩1日に!
    0

      カトマンズ〜(170キロ約6時間)ゴルカ県バルワ村〜(先日道路開通17キロ、約1時間)バーパック村(写真)へ(ラップラック村へ徒歩1日で可能に…)

      ●5月14日記録
      カトマンズで社会福祉関係の仕事やNGO活動を行う、被災地ラプラック出身のダンバルさんと現地在住の吉田さんからのコンタクトのおかげで、現地入りの準備を重ねてきた。土石流災害の危険性がある為、3000m近くの新しい地に移転を選ぶ方々いる場所へ、雨期の前に少しでも多くのシートや食糧の輸送が必要と聞いていた。

      12日に発生した地震の為、予定が1日半遅れたが、カトマンズで10トントラックをチャーターし9トンのお米やシート、乾燥食糧やテントなど運搬し、いよいよ震源に近いゴルカ県へ入る。約170キロで車での最終地点となっていたバルワへ到着すると、復旧作業のおかげで昨日から土砂崩れ現場を17キロほど進めるようになっており、バルパック村まで入れる。これで、ラプラック村へ1日の登山で入れるようになった。(村人は歩くのが早い)


       

      途中、東日本大震災で石巻総合運動公園に立てられたWFPの巨大テント3張完成しており、沢山のストックが届き始めているので、安心した。

      この手前のバルワから道路がなかり急坂や川渡りなどもあるので、トラクター台車に荷物を半分積み込み、進んでゆくが、一旦大雨になるとスタックしそうな状態だ。
      初日は、終点手前の避難テント近くにテント設営し、いろいろと語ったが、今のニーズは、テントやシートが確保しつつあるので、建築材料(シートの次にトタン波板屋根)、そして水道タンクなど、やはり山岳地で獲れないお米や豆(ダル)、調味料は必需品だ・・・

      ここでも、冬対策の為に、今までの倒壊した石積み壁を泥では無く、高額なセメントを活用するか、どうするかと話題になるが、そんなお金は無い・・・
      写真のバルパック村へは、道路が開通したので、随時物資が運ばれるようになっているが、山奥へは、まだまだだ・・・一部報道にあるような、物資配布での混乱や強奪は無く、人々は穏和だ・・・

      (Open Japan 吉村氏 転送)
      | ネパール現地レポート | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ゴルカ山岳地帯支援無事完了!!
      0




        昨夜、10トントラック満載の支援物資運搬で3日間のゴルカ山岳地帯支援より無事に戻りレポート作成中。
        標高1400m付近から徒歩輸送で2700mの峠を越え、2000m付近まで下った場所に壊滅的な被害を受けたラップラック村がある(徒歩10時間)。

        町や下側には、谷が深く地滑りの危険性があり生活する場所が無く、標高の高いエリア五カ所近く分かれて家から作らなくてはいけない……
        多くの住民の皆さんと一歩ずつ荷物を運び、夜は一緒のテントで村長とも語ることが出来た。

        あと4ヶ月ほどで雪が始まる…子供たちからの歓迎の花が嬉しいが冬対策も急がないといけない!



        (Open Japan 吉村氏転機)

        | ネパール現地レポート | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
        お米9トン、ラプラックに向け出発!!
        0

          現地、佐野ゆうこさんより、
          第1回「ラプラック合同支援チーム」のチーム編成が決定との知らせ
          第1回トラック1

          トラックは10tトラックです。

          トラックにドライバーとダンバールさんと同じくlaprak出身の男の子。
          別ジープにドライバーと吉村さん、ダンバールさん、吉田さん、モハンが乗る。
          第1回トラック3


          当初の計画通り、道の残っている最終バルワ村までトラックとジープで移動。
          その後は上から村人が降りてきてお米を運ぶ予定です。
          吉田さんとモハンさんはバルワ村で待機。

          上ラプラックまではダンバールさん、吉村さんが同行してくださいます。

          皆さん道中お気をつけて!!





           
          | ネパール現地レポート | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ミーティング終了、検討の結果バルワに出発可能!
          0
            2015年5月13日 夜
            北村さんはジリ方面の知り合いシェルパさん宅の支援活動の調査必要とのことでうごきだしました。
            ゴルカ地区は以前情報がなく状況は不明。

            2015年5月14日 2:07

            ダンバーさん事務所で吉田さん夫妻、北村さんと打ち合わせ
            バルワ(道のある最終地点)へのアクセスは大丈夫!!
            カトマンズ市内でお米九トンとトラックチャーターして夕方積み込みました。
            北村さんはシェルパ族の仲間宅近くが被災したのでエベレスト街道方面へ向かう!
            お気をつけて!

            明日早朝にバルワを目指します!



            | ネパール現地レポート | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
            被害のあった地区レポート、すでに生存者情報はなく…
            0



              今朝、昨日の地震で数十人が亡くなった地区など捜索活動が継続しているならサポートしようと現場へ向かった… 
              倒壊と言うより崩落した印象の瓦礫にはすでに生存者の情報は無く警察救助隊は引き上げていった。

              不安な夜を過ごした方々はヒビが入った家から荷物を運び出している。

              街中の医療テントの声が届きますように……
              昨日の揺れてで心が折れそうになっています!





              (Open Japan 吉村氏 転機)

              | ネパール現地レポート | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
              ラプラック支援チーム出発延期!再び震度7.4!!
              0

                ラプラック支援チーム出発延期!
                ネパール現地時間正午過ぎ、日本時間4時すぎ、震度7.4を超える地震発生!

                山間部での被害が広がっています。
                僕ら関連では富士山ゲストハウスの支援に入っているいるラムチェ村で土砂崩れが発生し生き埋めの状態の方が多数という情報。

                ジャンバルさんが、道を調べに…
                明日にでも連絡が入ります。

                今回お世話になる登山家の北村さんは、ボウダナートで足止め。

                ラプラック支援現地メンバーの安否は確認全員無事です。

                やはり予断を許しません!
                 

                今日は、吉田さん夫妻、佐野さん、登山家北村さんとラプラックのジャンバルさんと打ち合わせをしていました。

                地震がなければ、今夜か早朝、吉村さん、吉田さん、ジャンバルさんが路線バスでチトワンへ向かい、トラックチャーターして物資購入予定でした。

                そのままラプラックへの同行登山チーム、北村さん&吉田さん夫が途中で合流し

                車で行ける最終地バルワへ向かい、そこへ村人たちが降りてきて一緒に運ぶという計画でした。
                 

                現在、我々はバルヮに物資の集積場所を作れないかと検討しています。
                 

                展望として、バルヮからの道の土砂を開れば、次の場所まで車で行け、さらに

                更に道を開通させれば、被害のあったラプラックまで車で行ける可能性も出てきていた矢先でした。

                現在、今回の余震でここがどうなってしまったかは不明…
                 

                いづれにせよ。雨期になれば山岳部は更に土砂崩れする可能性大です。

                 

                | ネパール現地レポート | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
                都市部の状況と子供達
                0

                  5月11日の日記より(今朝、日本での震度5地震とほとんど同じ時間の夜中3時過ぎにネパールでも地震があった・・・)
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  シンドウパルチョーク県のゴルチェ(Golche)村周辺への緊急物資支援を終えて、私と翌日入る予定のシンドルチェ(Sindurche)村の方々5人は医療班などの本隊と別れて途中のドラルガハット村で1泊した。翌朝、この日はインドTATA社製の四駆ピックアップトラックをチャーターして標高2300mの奥地を目指す。


                  ドラルガハットから約25キロほどでチョウタラ(Chautara)町に到着するが、3〜4階建ての沿道に立ち並ぶガストハウスや商店の倒壊家屋が目立ち、この町だけで144人が死亡とのことだ。グラウンドには、ノルウェーからの医療班や子どもたちを遊ばせるNGO、炊き出しをする一般ボランティアの姿がある。子ども達の表情は、笑顔で歌ったりする姿もあるが、テント内に残っている子ども達の表情には不安な顔も残り、服装で貧富の差も感じられる。



                  テント村には300人前後の方々が避難している様子だが、村と違って町の被災者は大きな倒壊家屋を撤去しないと住む場所が無いので、いつまでテント村になるのか不明だ。(このチョウタラ町では、12日の地震で再びかなりの建物が倒壊した情報あり)


                   

                  この町までは、舗装路なので割と時間通りに行けるが、この先の約20キロは、困難な道のりで約15キロの道のりを3時間以上もかかってしまう。
                  チョウタラから登った最初の集落では、NGOのPlanが2トントラック3台分のシートやロープを配布中で、名簿を作成し整理券を手渡し混乱無く手渡せている。

                  その先は、昨日の雨で土砂崩れが発生し通りかかったバスが巻き込まれ、半日動けない状況というので、チルホール機材と日本から装備している牽引ロープを活用し救助。


                  更に山岳地となってゆき山の稜線や峠を越えてゆくと再び雨が降り出した。

                  あと数キロ地点までたどり着いたが、土砂崩れの為、村人が必死にスコップで道を作っていた・・・・(Open Japan 吉村氏転機)

                  | ネパール現地レポート | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  カトマンズの避難所の様子(OPEN JAPAN 吉村さんからのシェア)
                  0

                    現地で支援に入っているOpen  JAPANの吉村さんからのシェア
                    現地の被災地の様子がよくわかります。
                    以下は吉村さんからのfscebook からのシェア


                    カトマンズ街中の避難所へ…
                    多くの団体が郊外への支援に走る中、街中の被災地の現状を伺いに避難所を歩いた。やはり、地方へ帰る家も無く、仕事はカトマンズで離れることが出来ず、行く場所も無く、この避難所へ残っている方がいる。

                    仕事場へ行って、テントを留守にすると取られてしまうという不安もあり、先が見えないという。一応、炊き出しは宗教団体が先日まで一日1回だったが、2回となり、何も無くてもなんとか暮らせるという。
                    「出来れば、レンガや瓦礫に埋もれた場所から大切なものを掘り出したいと思うけど、誰に頼んでいいの・・・」と悲しそう。


                    こちらは、カトマンズより40キロ程のシンドゥパルチョーク県の小さな集落を支援する予定で準備しているが、この依頼のあった集落手前に7つの集落があり、何も支援物資配布せずに通ることはできないこともあり、急遽その世帯や人口、被災現状を調べてもらった。
                     
                    その結果、明日出発予定だった部隊の対象世帯が約400戸となり、追加物資の調達や小分け作業の準備が必要となり、今日もお米などの仕入れに向かう。
                    ●30キロ(1400ルピー)と5キロ袋の合計を約8トン、他に砂糖や塩、ダル(豆)、石けん、シートなど

                    週末には、この被災エリアに医療班と共に入り、13日頃よりゴルカ地区の3000mエリアに避難している2500人の支援で入ります。こちらは、バスで8時間、歩いて2日間という場所へ大型トラックの物資をどのように運び上げるのか大変そうだ・・・(標高差1600m)

                    | ネパール現地レポート | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    現在のネパールでNGO の名前を出して活動は難しい…この矛盾
                    0
                      テントやシートはカトマンズで調達は、難しいと判明。市場で買い尽くされてどこにも無いという話。
                      涼子さんが自分見にいってくださる。
                      問屋に詳しいネパール人の友人も聞いてもらえる事になった。

                      空港で個人持ち込み物資など数量のあるものはチェック受けて止められると噂を聞く。
                      ギリさんに確認してみると、沢山の義援金が本当に国民の所に届くのか不安がっている諸外国は個人で支援を持ち込もうとしており、それをネパール政府はよく思っていないという、政府を信用しないとはけしからん、ちゃんと国を通せというわけだ。

                      持ち込めない、市場にない…これでは、打つ手はない。

                      アウトドアウェア関係の工場を営んでいる友人らと話し合ってもらい簡易テントや防水シートを作れないかという相談。
                      僕は日本のオーガニックの化粧品会社に掛け合って、ナイロンシートなどの素材を買うための支援金がもらえないかあたる事にした。縫製スタッフらはみなインドや地方に帰ってしまい工場はだれも残っていないのだ。
                      上手く展開でき最初に雛形を作ってしまえば、ボランティア募って縫製をし、全国の復旧の難しい地方に届ける事もできる!

                      富士山ゲストハウスの方からの情報ではシートなどの資材は、高騰、18m×36mを4300ルピーしたらしい。
                      これは地方の月収ぐらいにあたる。そしてそれももうその値段ではかえないらしい。

                      カトマンズのタメル地区にある涼子さんの彫金工房<mohans jewellery workshop>をとりあえず、我々元気届隊の連絡先にしていただける事になった。そしてLaprak出身で涼子さんのご友人のDambar GurungさんのNGOと家禽業の事務所を使わせてもらえる事に…ありがとうございます!!
                      しかし、今のネパールでNGOの名前を出して支援に入るのは難しくなってくる。
                      政府がかなりコントロールしているらしい。
                      | ネパール現地レポート | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      カトマンズ活動拠点の必要性
                      0
                        テントと医療品が圧倒的に足りたいという情報が入ってきた。
                        フェイスブックを通じて協力を申し出てくださったカトマンズ在住の吉田涼子さんに聞いて見る。

                        テントなどが本当に必要なら日本から買って行ったほうがよいのだが、現地で購入できればそれが一番義援金を効率的に使わせてもらえる、さらに防水シートなどにすればさらに大量に買う事ができ多くの人を助けられる。
                        ネパールは竹も多いので竹とシートで簡易テントを立てる事ができる。

                        涼子さんによるとカトマンズでも買えるとの事だった。
                        涼子さんの友人もラプラック村までのマネージメントなど協力したいと申し出てくださった。

                        インドから来た大型ヘリはラプラックに物資を運んだが、降りる所がなく引き返したらしい。
                        やはり徒歩でいくしかないのだろうか?

                        そんな中ギリさんからポカラの空港から小さなヘリがゴルカのどこかに入ったと聞いた。ラプラックだろうか?

                        5月4日に入る一足先に現地入りするオープンジャパンの吉村さんを紹介した。
                        少しでも彼の動きを助けたい。


                        救助や復興は大都市から進むものだ、地方の農村部は後回し、
                        ましてや山岳部にすむ少数民族となると支援は当分なく自力でなんとかしないといけない、
                        フィリピンの北ルソンやレイテでもそうだった。

                        そんななか地方に入るのはNGOなどが中心、吉村さんも国連との連携が必要だと話されていた。
                        救助から復興まで緊急から長期的な支援を考えた場合、一刻も早く、現地での活動拠点を整備しなければ!
                         



                         
                        | ネパール現地レポート | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        PR
                        CALENDAR
                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENT
                        RECENT TRACKBACK
                        Genkitodoke twitter
                        LINKS
                        PROFILE
                        モバイル
                        qrcode